群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888




はじめに 人、動物の毛 毛髪の役割
頭皮と毛根 毛髪の発生機構 毛根部の構造
内毛根鞘と外毛根鞘 毛母細胞 細胞分裂
髪の一生 毛周期(ヘアサイクル) 毛髪の色
メラニン色素 白髪 毛髪と脱毛
自然脱毛と異常脱毛 病的な脱毛 円形脱毛
パーマによる脱毛 毛表皮 毛皮質
毛髄質 直毛とクセ毛 毛髪の成分
ケラチン蛋白 脂質 皮質膜
微量元素 毛髪の水分 毛髪のPH
アミノ酸 アミノ酸の分類 毛髪の物理
毛髪の吸湿性 毛髪の膨潤性 毛髪の乾燥
毛髪の熱変性 毛髪の光変性 毛髪の帯電性

 
毛髪のPH              

 
一般にアミノ酸は、分子内に塩基性のアミ基(−NH)1個と酸性のカルボキシル基
 (−COOH)1個をもっています。


 このように、塩基性基と酸性基のパランスがとれているものを中性アミノ酸といいます。 

 このアミノ基とカルボキシル基とがポリペプタイド結合して主鎖となり、ケラチン蛋白質を構成
 します。

 
 しかし、ケラチン蛋白質を作っているアミノ酸にはアミノ基が1個多いもの(塩基性アミノ酸)、
 またカルボキシル基が1個多いもの(酸性アミノ酸)があります。

 
 この、主鎖結合していない残基は、側鎖結合蹄として互いに結ぴ合っています。 

 つまり、アミノ基(+)とカルボキシル基(−)とでイオン的に塩結合しているのです。

 すべてのアミノ基とカルポキシル基がポリペプタイド結合、または塩結合しているときの毛髪
 (ケラチン蛋白)のPHは4.5〜5.5です。 


 つまり、この値の範囲で、側鎖の塩結合はもっとも安定しているということです。 
 
 これを毛髪の等電点といいます。 

 パー一マネントウェーブ剤、ヘアカラーなどアルカリ性の薬剤を使用したあとは、毛髪がアルカ
 リ性に傾いています。

 
 酸リンスなどで処理するのは、毛髪のPHを等電点に戻しておくためです。

 
 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。