群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888




はじめに 人、動物の毛 毛髪の役割
頭皮と毛根 毛髪の発生機構 毛根部の構造
内毛根鞘と外毛根鞘 毛母細胞 細胞分裂
髪の一生 毛周期(ヘアサイクル) 毛髪の色
メラニン色素 白髪 毛髪と脱毛
自然脱毛と異常脱毛 病的な脱毛 円形脱毛
パーマによる脱毛 毛表皮 毛皮質
毛髄質 直毛とクセ毛 毛髪の成分
ケラチン蛋白 脂質 皮質膜
微量元素 毛髪の水分 毛髪のPH
アミノ酸 アミノ酸の分類 毛髪の物理
毛髪の吸湿性 毛髪の膨潤性 毛髪の乾燥
毛髪の熱変性 毛髪の光変性 毛髪の帯電性

 
ケラチンタンパク
 
 
毛髪の主成分である蛋白質は、シスチンを14 〜 18%含むケラチンという物質です。
 
 ひとくちにケラチンといっても、人毛羊毛爪などは
硬い硬ケラチン(オイケラチン)、皮膚は軟らかい軟ケ

 ラチン(プソイドケラチン)として区別されます。

 毛や爪を燃やすと異様な臭気が出ますが、これはシスチンが分解して生じた硫黄化合物の臭いです。

 一般に、蛋白質は約20種類のアミノ酸から成り立っていますが、アミ
ノ酸の種類やそれぞれの含有量

 によって、その形状や性賀は大きく異なっています(たとえば、卵白の蛋白質アルブミンは水溶性、

 熱凝固性という特徴がある〕。

 ケラチンは約18種類のアミノ酸からできており、その組成の一例を挙げると下図のようになります。 

                    《繊維蛋白のアミノ酸組成(%)》

アミノ酸 人毛ケラチン 羊毛ケラチン 人の表皮 絹フィブロイン
グリシン 9.5 5.2 6.0 41.2
アラニン 4.0 3.7 33.0
バリン 4.7 5..0 4.2 3.6
ロイシン 9.1 7.6 (8.3) 0.9
イソロイシン 2.2 3.1 (6.8) 1.1
フェニルアラニン 2.7 3.4 2.8 3.4
ブロリン 3.7 7.3 3.2 0.7
セリン 7.6 9.0 16.5 16.2
スレオニン 7.2 6.6 3.4 1.6
チロシン 3.1 6.4 3.4 11.4
アスパラギン酸 8.0 6.7 7.2 2.8
グルタミン酸 14.8 15.0 12.3 2.2
アルギニン 9.6 10.5 8.8 1.1
リジン 2.6 2.8 5.1 0.7
ヒスチジン 0.9 0.9 1.2 0.4
トリプトファン 0.7 2.1 1.1 0.6
シスチン 16.0 11.3 3.1
メチオニン 1.0 0.7 1.8

 この表でわかるとおり、毛髪ケラチンは、塩基性アミノ酸のヒスチジン、リジン、アルギニンの比率が

 1:3:10になっています。


 この比率は毛髪ケラチン特有の比率で、他の蛋白質には見られません。  

 人毛と羊毛の成分はほとんど同一のように思われやすいので
すが、シスチンの含有量は人毛の方が

 40〜50%多くなっています。

 また人毛であっても、遺伝、生活環境、食事、美容処理などの影響で、アミノ酸、特にシスチンの含

 有量が異なります。

 なかでも食事の影響大きく、たとえば次のような報告かあリます。

 
少し古い例ですが、栄養パランスの重要性を示すデータてす。
 
 「粟と少量の動物性蛋白質で育てられた日本人の子供(8〜9歳〕の毛髪のシスチン含有量は8.%

 と低かったが、サメ肝油を与えるとその含有量は著しく増加し、また、食事とともに脱脂粉乳を6ヶ月

 間与えると、シスチン含有量はさらに増加した。

 このような、食事による蛋白質のアミノ酸組成のアンパランスの影響は、ただ単に毛髪だけに限られる

 のではなく、からだ全般についてもいえることです。
 
 現在では、このデータ当時のような、いわゆる栄養失調のような状態は考えられないと思われるかも

 知れませんが、ダイエットフーズの献立や、アトピー性皮膚炎の除去食などに慎重さが要求されると

 ころです。

 毛髪を構成している毛表皮、毛皮質、毛髄質のそれぞれの化学成分、分量は同じではありません。 

 また、シスチンは分析中に化学変化を受けやすいため、分析方法等によっても多少異なってきます。 

 
しかし、他の螢白質には存在しないか、あるいは微量しか存在しないシスチンが、ケラチンには多量

 に含まれていることは問違いない事実てす。 


 このことが、ケラチンの性質を特徴づけているといえます。
 

 
 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。