群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888




はじめに 人、動物の毛 毛髪の役割
頭皮と毛根 毛髪の発生機構 毛根部の構造
内毛根鞘と外毛根鞘 毛母細胞 細胞分裂
髪の一生 毛周期(ヘアサイクル) 毛髪の色
メラニン色素 白髪 毛髪と脱毛
自然脱毛と異常脱毛 病的な脱毛 円形脱毛
パーマによる脱毛 毛表皮 毛皮質
毛髄質 直毛とクセ毛 毛髪の成分
ケラチン蛋白 脂質 皮質膜
微量元素 毛髪の水分 毛髪のPH
アミノ酸 アミノ酸の分類 毛髪の物理
毛髪の吸湿性 毛髪の膨潤性 毛髪の乾燥
毛髪の熱変性 毛髪の光変性 毛髪の帯電性

  髪の一生

 
毛髪は毛乳頭がなければ生えません。

 
この毛乳頭の数は、生まれたときから決まっています。決して新しい毛乳頭ができ、新たに毛髪が生えて

 くることはありません。

 
つまり、毛乳頭が衰えて、その数が減れば減るほど毛髪の数も減ることになリます。
 
 いつまでも毛髪を生やしておくためには、毛乳頭を大切にすることが大切です。
,


 ところで、この毛は、一生涯活動し、毛髪をを{乍リ続けているわけではありません。
 
 ある程度活動を続けると、一時期活動を休止します。 


 
つまリ、毛髪を成長させる時期(成長期)、成長を終えた毛球部が縮小を始める時期(退化期)、毛乳

 頭が活動を休止して、毛髪は頭皮にとどまっているだけの時期(休止期)、
乳頭が活動を始めてまた

 新しい毛髪を発生させ、古い毛髪を脱
毛させる時期(発生期)とがあリます。


 これを毛髪の毛周期(ヘアサイクル)といいます(下図)

             

 
毛髪の成長期は男性で3〜5年、女性で4〜6年はどで'、その後、退化期が1〜1.5か月、休止期

 が4〜5ヶ月続き、やがて、
自然に脱毛してゆきます。 


 そして、休止期の終わりごろにると、新しい毛髪の発生期が始まります。

 
 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。