群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888







 
  

 食べ物でも「冷え」起きる

 
食養で有名な桜沢如一氏は、食品の中には陰性のものと陽性のものがあると教えています。

 陰性の食品は身体を「冷やす」性質があり、陽性の食品は身体を「温める」性質があります。


 これは料理の仕方の問題ではなく、「冷やす」食品は温めても「冷やす」性質のままですし、「温

 める」食品は冷やして食べても「温める」性質です。



 
都会の生活は、身体を陰性に傾けやすく、また「冷え」を強めますので、陽性のものを多く取り

 陰性のものを少しだけにしておく必要があります。 

 とはいっても、陰性のものは悪いから全然食べない、陽性のものは良いからそればかり食べると

 いうのではなく、あくまでもバランスです。

  
 

温める性質の食品(陽性食品) 冷やす性質の食品(陰性食品)
天塩・藻塩 精製食塩
三温糖・ざらめ・黒砂糖 白砂糖
海草 化学調味料
ごま 食品添加物
イモ類 清涼飲料水
根菜類 お菓子
豆類 乳製品(アイスクリーム・ヨーグルトなど)
大豆食品(豆腐・味噌・納豆など) 牛乳・タマゴ
干物類 動物性脂肪
漬け物(自家製) 生野菜
お茶類(ティーパックは不可) 果物
はちみつ(天然もの) 医薬品
加熱調理した野菜 酒・タバコ


 

  

 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。