群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888







 靴下の重ね履き

足は内臓のツボが集中しているところです。 

例えば足の親指は消化器や肝臓とつながりが深く、小指は

膀胱(泌尿器系)、土踏まずの
辺りは腎臓といった具合に、

内臓との関係が
深いので、靴下をはいて足元を温め、血

液の循環をよくする事は内臓を活発にし、内臓に
溜まって

いた毒素を外へ押し出すことになりま
す。 

そこで毒素を受ける靴下は吸収のよい
ものなければなりま

せんから、吸収力のもっと
も優れている絹の五本指の靴

下をはきます。


五本指にしたのは、一本一本の指から出る毒素を吸いや

すくするためです。 

その上に、収力の良い綿の五本指靴下を重ね、その上

は絹・綿と普通の指なし靴下を交互に重ねます。 

一番上は綿か毛、化繊が少し入っても(20%以下)構

いません。 

夜寝る時も、靴下をはいたまま寝ます。 

靴下は汗でぬれたり、嫌なにお
いがしたり、毒のために

穴が開いたりします。 

 また足の方には水虫や湿 疹ができたり、靴下の当たる足首、ふくらはぎがかゆくなったり、

 指が赤く腫れたりすることがありますが、これは毒が出ているためで、体調がよくなり、毒が

 出なくなれば症状は自然になくなります。 



 服装は下半身を厚く、上半身は薄く

 東洋医学では「草根木皮、これ小薬(漢方薬などの飲み薬は、クスリとしては小程度)」

 「鍼灸、これ中薬 (鍼・灸はクスリ
 としては中程度)」 「飲食衣服、これ大薬 (食べる事着ること、つまり日常生活を正しく

 することが最大のクスリ)」といい、健康にとって衣服の材質や着方は重要なポイントになって

 います。

 

 頭寒足熱が基本ですから、まず靴下を5〜6枚重ねてはき、絹か面のズボン下をはきます。
 
 その上にズボンをはきます。
 
 ズボン下は2枚重ねてもよく、冬など外出するのに寒い場合はレッグ・ウォーマーなどを使用

 します。 

 上は半そで、または七分袖まで、長袖は着ないこと。 また首の辺りも衿ぐりの広いものを

 着ます。



 素材は絹か綿。 化繊素材は身につけないことで

  

 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。