群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888






 
基礎編  第1章 自然治癒力が毛髪を蘇えさせる

(7)自然治癒力は心によって左右される
 


@心とは
発毛や育毛の本を見ると、毛髪を草花、頭皮を土壌、育毛剤を肥料に例え、解説している事があります。
実はこの表現が発毛、育毛にとっては非常に危険な発想で、これだけを鵜呑みにすると、とんでもない結果になります。
それは「人間には高次な心があるのに対して植物には心が無い」という紛れもない事実です。人間を始め、動物も植物も生きるという事に関しては、その形態は違うものの、それぞれの細胞の生命を維持している事には変わりありません。
同じ生命を維持するにも、植物は自然の環境に従って生きるか、人為的な環境に従って生きているだけで、自らの創意や工夫はなく、環境に合わなければ枯れて、生命を失います。
 
動物には生きていく工夫や、それに伴う知恵を持ち、欲求の表現、例えば食べ物を欲しがるときは、泣いたり吠えたりして意志を表現し、又、自ら探すこともできます。
ペットとして飼い慣らされている動物は、飼い主や可愛がってくれそうな人には尾を振ったり、なめ回したり、猫撫で声を出して甘える事を知っています。このような心の表現は植物にはなく、行動すらもできないのです。 
誰もが言葉の上では知りながらも見た人がいない、この得体の知れない不思議な「心」とは一体、何なのでしょうか。
 

「広辞苑」によれば、「心」とは「人間の精神作用の元となるもの。
また、その作用」、更に「知識、感情、意志の  総体」とされています。
 
では、「精神」とは何かという疑問に駆られ、再び「広辞苑」を紐解いて見ると、「物質、肉体的に対して心。 たましい。」
更に「知性的、理性的な、能動的。目的意識的な心の動き。根気、気力。」と著されています。
 
「心」も「神経の駆動」も脳の中枢によって起こるものですが、「脳と神経」は本来、一体のもので解剖学上では「脳」は神経系に属し、その構造はかなり以前から解明され、我々理・美容師も既に学習し、理解しています。
 
しかし、「心」と「脳」の働きについては、かつては西洋医学の高度な英知を持ってさえも解明する事ができない「ブラックボックス」とされ、神秘の世界とされていたのですが、近年になって脳内ホルモンの分子レベルでの研究が進み、やっとその「ブラックボックス」に光がそそぎ込まれるようになったというような現状なのです

                                           つぎのページにつづく

 


 


 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。