群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888






 

基礎編  第3章 毛髪の生成、成長を阻害する原因、要因


1.頭髪組織の機能障害

K「かつら」「増毛法」「植毛」が及ぼす脱毛@

自ら天頂部をカミソリで剃り、丁度カッパのような頭にして、その上にカツラをのせて、自社ブランドまで持ち営業してきた38年間の経験とその実績の積み重ねにより、かつらに関してのノウハウは知り尽くしているつもりです。

私が経験上知り得た事を包み隠さず申し述べますので、参考にされれば幸いです。
冒頭にお断りしておきますが、他社の製品方法等については全く興味が無く、詳しい事は知りませんので、自社製品、方法に関しての事と、発毛ドックの現場で知り得た事を述べるわけですから、他社の製品や方法を誹謗したり、中傷したりするつもりは毛頭ありませんので、くれぐれも誤解されぬようお願い致します。

 
◎かつら
 
かつらには、血管が無い、血液も流れていない、毛穴も無い、従って頭皮温度の調節作用ができないという一大欠点があり、更に最近のかつらはベースやネットの素材が全て石油化学合成品であるという事が、様々な問題を生んでいるのです。

頭皮とネット、人工皮膚の間には隙間があり、空気の層が存在し、断熱効果がある為、最初、装着したばかりは、冬期は暖かく、夏期は涼しく感じます。ところが、しばらく装着していると、かつら自体には体温調節の機能はありませんから、空気の層が暖められ、頭皮温度が上昇する事から、頭皮温度の上昇を食い止めようと、恒常性維持機能の働きで盛んに汗を出し、うつ熱を放散しようとします

頭皮温度の上昇と汗と空気の層が、あたかもスチーマーをかけ加蒸したのと同じような状況を作り出し、毛穴と毛表皮を開かせてしまいます。
この状態をムレという表現をしますが、大抵の場合、数時間、長い人は1日中、装着したままという人もいます。

こうなると毛穴どころか毛包、毛根鞘まで開いて毛髪の固着力がどんどん低下します。



更に、常に接着している部分は皮膚呼吸が妨げられ半端ではないかゆみとなり、そのかゆみは付けた人でなければ理解できません。
かつらを付けている人が、新たに作り替える時に分かる事なのですが、3年、5年と付けている人は大半の人が天頂部の禿げている部分が後退したり、全体に広がったりして、現状の大きさでは足らなくなり面積を広げて作り替えています。

後退の度合いは人によっても多少の差はあるものの、1年間で平均すると約5mm、早い人で1cm程度後退します。
更に頭皮が白くフヤけたようになり、毛髪は細く弱々しくなり、最悪の場合は赤ちゃんの産毛のように退化してしまう人や発毛不全になる人もいます。
特に、人工皮膚のみで作られたかつらは重量もありますので、このタイプのかつらを着用している人はかなりこの症状が強くなり、外すのが面倒とばかり、夜も付けたまま寝てしまう人は、更にダメージがひどくなります。

このような状態ですから、いくらモデルとはいえ、もはや限界と思い遂にかつらを付けるのを止めてしまったのです。
ウィッグの大半は、ネット全体をゴムで編み込み伸縮されるものと、耳後部をバンドで伸縮するものとがあり、長時間着用すると頭皮に血流障害を起こし、脱毛の原因になります。

全頭脱毛や悪性脱毛の方がウィッグを付けていながら、「発毛ドック」を行った場合、発毛するまでの期間が長引いたり、発毛不全の原因になる場合があり、発毛した毛髪の成長に不完全な時期に装着していると、ウイッグのネットでこすれて毛切れを起こす原因になります。
 
事実、重ね重ねお願いしたのにも拘わらず、ウィッグの装着を止めることができなかった為に、発毛不全となった例が過去には数例ありました。
毛乳頭に直結する毛細血管は、頭皮へのほんのちょっとした重量、圧力でも血行障害を起こしてしまい、極端な言い方をすれば、頭皮に手を乗せておくだけでも血行障害は起こります。

 ◎増毛法
正しくは、結髪増毛法と言います。
増毛法の起源は、かつらのベースに毛を結着させる方法から転じたもので、20年程前に行っていた事がありますが、発毛が信じられず躊躇している人がその場しのぎで行なう、いわば粉の様に粉砕した毛を振り掛けるのと同じ感覚で行って来たというのが実状でした。

正常な毛髪は、1ヶ月に約1cm程度伸びます。
今、仮に増毛法をしたとすると、自毛の成長と共に、結着した毛の結び目も1ヶ月後には
約1cm程度、頭皮より上にあがってきます。
最初のうちは、スムーズにとけた毛髪が、1ヶ月も経過する頃から、梳かす度にブラシやクシにその結び目が引っ掛かり、結着した毛が取れてしまいます。
その為に、結着部に特殊な接着剤を塗布するようにしたのですが、結着した毛が取れなくなった代わりに、肝心な自毛の方が毛切れを起こしたり、脱毛してしまい、3ヶ月を過ぎる頃からは増毛する以前より薄毛になってしまいます。
この件に関しては、お客様から大変お叱りを受け、再度増毛を勧めても「お金ばかりかかって自毛が薄くなってしまうから、もう二度とやりません」という方ばかりで、現在は全く行っていません。


                                           つぎのページにつづく

 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。