群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888






 ケア剤の選びかた
 
 シャンプー、リンス、トリ ートメントが一本でOKというヘアケア商品がよく 紹介されていますが、
 髪のためにはこうした商品はおすすめできません。 
 シャンプー剤、トりートメント剤、りンス剤は別々の目的をもっているものです。 
 シャンプーの目的は洗浄、ただ洗うだけです。 トリートメントは、一時的に外から油分や養分を
 補給するもので、リンスはそれらのものが外に流れないようにキューティクルを引きしめるものです。 
 ですから、それぞれに全く別の目的をもったものが、一緒であることはありえないのです。

 では、よいシャンプーとはどのようなものでしょうか。

 脱脂力の強い洗浄液で油分や栄養分まで取っていっては意味がありませんので、汚れのみを落
 としてくれるやさしいものがよいシャンプーといえます。

 質のよいシャンプーは洗いあがりがしっとりとしていて、髪がしなやかになり、シャンプーの回数が多
 くても髪が傷みにくく、手も荒れないものです。

 トリートメントは、パーマやヘアダイでダメージを受けた髪に、外から一時的に補給をするものです。 
 よいトリートメント剤は、仕あがりが軽くベトつきがありません。 
 反対によくないものは油っぽく重い仕あがりになります。
 トリートメントは、シャンプーすればすべて洗い落とされてしまいます。 

 バージンヘアの人は、とくに必要ありませんが、パーマやヘアダイをしている人はシャンプーのたび
 にトりートメントを行うのが望ましいといえるでしょう。

 リンスとは、"すすぎ"という意味で、すすぎ洗いのときに使用するものです。 
 シャンプーで開いたキューティクルを引きしめ、水分の蒸発を防ぎ、モイスチャー効果を与えるもの
 で、静電気をおさえる役目もあります。


 よいリンス剤は、キューテイクルを密閉しないので、洗いあがりがサラッ
として、髪がいきいきしま
 す。 
 よくないものは髪がペソッとした感じにな
って動きもなくなります。 

 原料はそれぞれ、弱酸性や植物性、海藻性の
ものがよいでしょう。 
 アルカリ性のものや科学合成物質からできたもの
はさけることです。 

 正しい知識と目的に合わせて使ってください。
               





  

 
                             自分の髪を守るための知識集目次に戻る
                                 前のページ   次のページ

 



 

             

                    

   
 

 

  

 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。