群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888






  新鮮なものを新鮮なうちに食べる


 新鮮なものがなぜおいしいかというと、核酸が多いからです。  
 核酸とは、遺伝子活動をしている状態そのものです。 
 刈り取った野菜果物、店頭に並んだ肉や魚は、時間とともに核酸が少なくなります。
 鮮度が落ちるということは、栄養の量が減るということで、栄養価値が下がるということです。 


 活き造りがよいというのは、カスになる部分より、栄養になる部分が多いからです。 
 生鮮食料品店で、朝は高かったものが夕方に値下げされるのは、栄養価値が下がったというこ
 となのです。 
 だから安くなるのです。


 また、核酸(栄養価〕が落ちるということはうま味も落ちるということです。 
 とれたてがなぜおいしいかというとうま味が生きているからです。  このうま味こそが栄養素なのです。  



 山でも海でも、産地の人が元気なのは、新鮮なものを新鮮なうちに食べているので、いつもスタミ
 ナがついているからです。  
 
 とれたてのものをたくさん食べていると即髪の毛の栄養になりますが、古くなった食べ物をいくらたく
 さん食べてもスタミナはつきません。 

 おいしいものをおいしいうちに食べる、それは新鮮なものを新鮮なうちに食べるということであり、
 そうした食習慣は、そのまま髪の健康と老化防止につながります。 

 

 そして、それは保存料などとは無縁の生活への第一歩です。              
 
                             自分の髪を守るための知識集目次に戻る
                                 前のページ   次のページ

   
 

 

  

 
エルゴチオネイン美容研究会

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。