群馬県前橋市国領町2-20-3
                                                                                TEL 027-212-2888






 味噌で遺伝子も “いきいき”


 みそは脳みそのみそでもあります。    
 大豆という豆を使い、それに酵母という発酵菌で発酵させることでみそをつくります。 
 植物性たんぱく質は大脳のたんぱく質になります。


 それから酵母。 酵母菌というのは生菌です。 生菌があるから体内で私たちは酵素を
 つくることができるのです。 

 生菌のない食べ物を食べていたので体内で酵素をつくることができません。 
 酵素たんぱくをつくらなければ、デオキシリボ核酸という正常な遺伝子活動ができなくなって
 しまいます。


 正しい遺伝子を伝えるために、つまり正しい核分裂をするためには、遺伝子DNAがつくりだす
 RNAたんぱくに、ヌクレオチドというたんぱく質が結合しなくてはいけません。 
 このヌクレオチドとRNAを結合させるのが酵素であり、この酵素をつくるもとが酵母なのです。

 私たちは腐る食べ物を新鮮なうちに食べて体内に生菌を加えます。 
 そして体内で発酵させて酵素をつくるのです。

 みそは日本人の遺伝子を正しく伝えるために、日本の気候風土のなかで生まれ培われてき
 た食文化の粋です。

 
 しっかり食生活に取り入れていきましょう。



 
                             自分の髪を守るための知識集目次に戻る
                                 前のページ   次のページ

 

   
 

 

  

 

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です
Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。