エルゴチオネイン(ergothioneine)は、1909年 M.C.Tanret によって麦角(ergot)からはじめて単離
 された化合物である。

 チオ(thio)は、イオウ原子を意味する。

 エルゴチオネインは、麦角から単離されたイオウ原子を含む化合物として命名されたことになる。
 その後、1911年に G.Barger と A.J.Ewinsは、エルゴチオネインの化学構造をチオールヒスチジン
 のベタインであると決定した。

 この化合物は、その後1920年になって意外にも動物の血液中に存在することが明らかとなった。


三重大学で開催された日本菌学会第52回
大会では、100を超るポスター発表があった。

その中で、やや異色な発表に惹かれた。

それは山形大学農学部の田邊舞さんと教
授の貫名 学(ぬきな まなぶ)先生(生物機
能有機化学)の「自生キノコ中のエルゴチオ
ネインの分析)と題する発表であった。
エルゴチオネインは最初、麦角から発見され、
その名前から名付けられたことは先にも触れ
たが、その後動物の血液から、さらに肝臓な
ど重要臓器中にも多く含まれていることがわ
かった。

水溶性で抗酸化機能があるが、その本質
的役割は現在研究されているところだという。


エルゴチオネインは、現在抗酸化機能をうた
い文句に化粧品などにおもに使用されている。

 動物にはエルゴチオネインを取り込むトランスポーターがあることや、各種臓器中に多く含ま
 れていることから、生命維持に重要な役割を果たしているのではないかと考えられている。

 エルゴチオネインは、化学合成されている製品の市販価格は1mg千円(1g約100万円)
 と非常に高価なことから、人体の細胞にとって活性化という有効な働きがあることが認めら
 れながら、これまで商品として研究が進まなかったのは、研究対象としてあまりに高額なた
 めであったと思われる。


 エルゴチオネインはシイタケやヒラタケなどの栽培キノコや各種野生キノコに含まれている。

 なかでもタモギタケには多く含まれているそうだ。

 エルゴチオネインの作用/効果については、

 エルゴチオネイン辞典 をご参照ください。
    

 「エルゴチオネイン」配合製品は下記となります。

 ◯ エルゴQ16
 ◯ エルグロウ
 ◯ エルグロウ U
 ◯ エルゴナ・チュレルシャンプー
 ◯ エルゴクリーム

 

 
根岸 政未運営ショップ

「正常な抜け毛、異常な抜け毛」

「抜けた髪の毛はまた生えてくるのですか?」

つむじ君の発毛日記

 Adobe Readerが必要です

Copyright 2007 M:CLUB corporation All Rights Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。